FC2ブログ

ドレスマスクな日々 ~心もアンチエイジング!

朝のジョギング、ウォーキングの記録を兼ねて、日々の生活の中になくてはならないものになっているドレスマスクのことを綴りますので、お読みいただけましたら嬉しいです。

1年前と同じ天気 

 

あの日も、
青空と澄んだ空気、そして日差しに春を感じる日でした。

今日、2月3日は愛犬もぐの命日です。
桜の花が咲き、夏が来て、秋になり、また冬が巡ってきて、
季節が一巡した事を受け止めた日になりました。

これからも季節は巡り年を重ねて、
悲しみや後悔の念は薄れていくのだと思いますが、
あの日私の帰りを待っていたもぐのことを
忘れることはないでしょう。

1年前までこのブログに書き込んでいる時は、
もぐがいつもそばにいて私のことを見ていたわ。
「お散歩・・・待っていたのよね。」
今こうやってブログに向かっているだけで、
悲しい気持ちになりますが、

これからは、
もぐとの楽しい思い出を大切にしていくつもりです。

今日でブログへの書き込みを終了いたします。

ご訪問頂いて、
私のつたない文章を読んでくださった方々にお礼申し上げます。

「ありがとうございました、お元気でお過ごしくださいませ。」




スポンサーサイト



category: ワンちゃんとお散歩

tb: 0   cm: 0

△top

しばらくブログの更新をお休みさせていただきます。 

 

5.0km多摩川  9:10帰宅

かけがえのない愛犬もぐが亡くなってから2週間経ちました。

その間、犬と暮らしている方たちの
愛情たっぷり、ユーモアーたっぷりの楽しいブログを拝見してまわり、
癒され、重く沈んだ気持ちがずいぶん軽くなりました。

そして、ご縁があって私のブログに訪問して下さり、
私たち家族のことを気遣う心優しいコメントを書き込んでくれた方。

ブログを続けていたからこそ、
こんなにも心温まるコメントメールをいただけたのだと感謝しております。

お蔭さまで、悲しみも半分くらいどこかへ飛んで行きました。
ブログの持つ力をあらためて思い知らされました。

当ブログは、
ショッピングサイト運営の一環として人に進められ、
毎日更新することを目標にして書き始めて3年近くなります。

朝の運動の記録を中心に、
ブログを書くことで生活に張りが出ていましたが、
惰性で書いた部分もあります。

しばらくブログの更新をお休みさせていただき、
私のブログのあり方を考えたいと思います。

当ブログにお越しくださいまして、
ほんとうにありがとうございました。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

△top

走り終えると気持ちいいものです 

 

5.0km多摩川  7:50帰宅

ジョギングにするか、ウォーキングにするかを、
決める理由は些細な事いろいろですが、

今朝は、いつも歩いてる方が走っていたので、
つい私も走りだしてしまったのでした。

何も考えないで、インナーマッスルを意識しながら、
走り終えると気持ちいいものです。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

category: ジョギング

tb: 0   cm: 0

△top

雨もよこなぐりです 

 

5.0km多摩川  9:40帰宅

多摩川の土手を軽快にウォーキングのつもりが、
風に吹き付けられてよろけそうに・・・

少しですが、雨もよこなぐりです。

集中できないまま、
いつもより時間が掛かった朝の運動でした。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

category: ウォーキング

tb: 0   cm: 1

△top

畑の日 あの時のもぐの顔をよく思い出します 

 

9:20出発 17:50帰宅

山の斜面の貸し農園へ行くのは3週間振りです。

前回ここへ来た時は大雪の2日後でした。

雪が解けているか心配だったのですが、
土手下に少し残っているだけでした。

それより、今日はなんて暖かいのでしょう !

ここは寒さが厳しい地域なので、
防寒用に厚着していた上着を脱いでちょうど良いくらいでした。

たいしてやることはなかったのですが、
ここへ来て土の上を歩き澄んだ空気をいっぱい吸い込んで
自然に触れていると癒され、心も軽くなります。

コンポストに家から持ってきた生ごみを投入して、
一つだけ残っていた小さなキャベツを収穫して終わりです。

もぐを、一度この畑に連れて来た時、
大雨と雷の音が鳴り響き、

先に休憩所に避難した夫は何故だか、
もぐを畑に置き去り・・・

走って迎えに行くとずぶ濡れになってキョトンとしているもぐ。

私もずぶ濡れになって抱きかかえて避難した記憶が、
脳裏に浮かんできます。

あの時のもぐの顔をよく思い出します。

P1120075.jpg   P1120076.jpg
ビニールのトンネルの中に咲いた小さな花 春を感じさせてくれます。

P1120077.jpg  P1120086.jpg
雪につぶされていたにんにくは、たぶん持ち直すでしょう。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

category: 畑の日

tb: 0   cm: 0

△top