FC2ブログ

ドレスマスクな日々 ~心もアンチエイジング!

朝のジョギング、ウォーキングの記録を兼ねて、日々の生活の中になくてはならないものになっているドレスマスクのことを綴りますので、お読みいただけましたら嬉しいです。

優しい肌触りが伝わってきませんか? 

 

3.0km多摩川  8:30帰宅

いつものことですが、多摩川の土手を
ジョギング、ウォーキングされているのは、
8割方男性です。(時間帯にもよりますが・・)

今朝は一人も女性とすれ違うことはありませんでした。
ママチャリで通行された女性はいますが。

よく耳にすることですが、
「日に焼けるからジョギングやウォーキングはいや!」
「夜ジョギングします。」 等ですが、

1日の始まりである早い時間に行う
ジョギングやウォーキングは
良い体調を1日中維持してくれるので、
本当にお勧めです。

時間が許すならどうぞ
午前中のジョギング、ウォーキングを。。。

今朝もこうやってウォーキング出来るのは、
ドレスマスクが、紫外線や有害な物質(車の排気ガス等)から
顔面を守ってくれる安心感があるからだと、
しみじみ考えながら歩いています。

ということで、
少しドレスマスクのご紹介をさせて頂きますね。

下の写真をご覧になってみてどうでしょう?

優しい肌触りが伝わってきませんか?

P1090846-700.jpg
                              ドレスマスク スカイブルー (レギュラー)
UVカット機能性素材はお洗濯を繰り返しても、
紫外線遮蔽効果は無くなりません。

その素材を2枚張り合わせているかのように
縫い代がお肌に触れることなく綺麗に縫製されています。
(国内縫製工場のこだわりの逸品です!)

このような完璧な縫製はUVカットマスクの中では、
ドレスマスクがトップを極めていると評価されています。

一般的な布製のUVカットマスクの縫製は、
縫い代の折り返しが直接お肌にあたる構造です。

縫い代が何枚も重なっている固い部分もあり
気を付けないと刺激が度重なって、
シミを作ってしまいそうなものもあります。


最近UVカットマスクと称して、
不織布の素材のものが出回っていますが、
ガサガサと当ってデリケートなお肌を傷つけてしまいます。

着用されている方を見る度に「気を付けてね。」と
自分のことのように心配になってきます。

私は春花粉の時期に医療用の不織布のマスクを1時間着用すると、
肌が弱いせいもあり
マスクと接触する部分が赤くなりさらにヒリヒリしてしまいます。

「必要は発明の母である」 有名な言葉ですが、

まさに私の発明も肌のトラブルで苦しんだ経験があるからです。

ご存じない方のために念のため
「ドレスマスクは特許登録商品です。」 


2013年10月18日のブログに詳しく書かせていただいていますが、
長文ですのでスルーするか、ご興味のある方は読んでくださいね。
      ↓
ドレスマスクの成り立ち

IMG_7373-1000.jpg
ph_26150-400-200.jpg

この夏は昨年よりご購入ピークが早く、
サイズ、カラーもまばらになっています。

日本の縫製工場限定ですので、
生産枚数が限られています。

一度着用された方は「もう手放せない」と
おっしゃって下さるので、
なによりの励みになります。 

日焼け止めクリーム1本のお値段で、
ドレスマスク1枚ご購入されて、
10年お使いになればとても経済的です。

「良いものを、心地よく、長く、」がコンセプトの、
UVカットマスク「ドレスマスク」をぜひお試しくださいね。



ランキングに参加しています。
/

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



category: ドレスマスク

tb: 0   cm: 0

△top